わたる世間は○○ばかり



<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は4月23日、昨年秋に続く「事業仕分け」の第2弾をスタートさせた。今回仕分けの対象になるのは、独立行政法人(独法)と政府系公益法人。4月中に予定されている前半では4日間にわたって、独法を中心に47法人の151事業を、その必要性や有効性、効率性などの観点から多角的に検証する。このうち厚生労働省が所管するのは、福祉医療機構や国立病院機構など7法人19事業。

 仕分け作業に先立って行われた開会式で、枝野幸男行政刷新担当相は、「これだけたくさんの皆さんに関心を持たれたということは、この国の税金の使われ方に大きな問題があることの裏返し。去年の仕分けだけでは不十分で、もっと(税金の)使われ方を国民に明らかにして変えていけという強く大きな声の証しが、今の状況だと理解している」と述べた。その上で、「ここでの議論はもちろん、この議論を踏まえた制度改革というものを行政刷新会議としては見据えていきたい」と、仕分けに当たる意気込みを示した。
 また、厚労省所管の独法などを担当するワーキンググループの菊田真紀子衆院議員は、「前回の仕分け後には国民から批判や不満、厳しい言葉もあったが、だからこそ誰かが先頭に立ってやっていかないといけないという強い覚悟と決意だ。皆で一丸になって、独法やさまざまな公益法人の見直しに取り組んでいきたい」と決意を述べた。

 この日は、計28事業について独法側と仕分け人が議論。このうち医療関連の対象事業は、▽福祉医療機構の福祉貸付業務など3事業▽労働者健康福祉機構の労災病院業務のうち産業保健推進センター業務(助成金事業を除く)など4事業▽国立病院機構の診療事業―の計8事業。


【関連記事】
PMDA省内仕分け、好意的意見続出
研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相

16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う−佐賀県警(時事通信)
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
民主、20日から動画配信(産経新聞)
「日本丸は沈没、大阪丸で前に」橋下知事が決意(読売新聞)
ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-24 14:32

胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)

 福岡市中央区の海面で14日見つかった人の胴体について、福岡県警は15日、博多湾で切断された下半身や両腕が相次いで見つかった会社員諸賀礼子さん(32)の遺体の一部と確認した。 

【関連ニュース】
海で胴体部分発見=切断遺体の女性会社員か
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?
新たに両腕発見=女性会社員の遺体一部か
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前

無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
<普天間問題>鹿児島県内への移設反対派が集会(毎日新聞)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-21 20:43

<訃報>中川菊司さん82歳=歌人(毎日新聞)

 中川菊司さん82歳(なかがわ・きくじ=歌人)9日、胃がんのため死去。葬儀は15日午前11時、東京都新宿区須賀町14の1の四谷たちばな会館。喪主は妻蓉子(ようこ)さん。

 歌誌「泉」編集発行人を務めた。歌集に「パスタイム」など。

2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-19 23:07

伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」(産経新聞)

 岩手県が5月1日に開幕する上海万博に、特産品の南部鉄瓶を出展することになった。雲南省の茶産地、プーアール市と地元の高級茶店「上海大可堂」と合同で、「南部鉄瓶でおいしいお茶を飲もう」と富裕層にアピールする。日本のパビリオンではなく、中国側と一緒に展開する。自治体としては珍しい取り組みだ。

 「創芸ホール」というイベントホールのエントランスにブースを設け、6月末まで出展する。

 展示の“目玉”は、高さ1・6メートル、重量210キロの「富士型鬼霰(おにあられ)南部大鉄瓶」。

 容量260リットルで、お茶約2600杯分の湯を沸かせるという。県内で作られた75作品も展示する。

 大鉄瓶は岩手県奥州市の伝統工芸士、佐藤秀次郎さんが6年前に製作した作品で、すでに会場に搬入されている。同じ型で作った作品が、奥州市の東北新幹線水沢江刺駅前にある「市伝統産業会館」(キューポラの館)に展示されている。

 県産業経済交流課で海外マーケットを担当する八重樫浩文課長は、「プーアール茶は中国で高級茶の代名詞。高温の湯で一気に淹れるとおいしいそうで、南部鉄瓶と相性はぴったり」と話す。

 県は万博開幕前の4月28日、達増拓也知事がプーアール市を訪ね、プーアール茶と南部鉄瓶を互いに普及・宣伝する「友好協定」に調印するという熱の入れようだ。県は一連の経費として、5000万円の予算を計上している。

 県は万博で岩手をアピールし、アワビやナマコなど海産物の輸出促進や、観光客の誘客も目指す。会期中は1億人の来場者も予想されている上海万博。横浜市や静岡県など各地の自治体がビジネスチャンスととらえている。

 そこで、岩手を正しく知ってもらうために、「まずは『南部鉄瓶』というブランドを覚えてもらう」(八重樫課長)という戦略だ。

 出展には南部鉄瓶の業界も期待を高める。水沢鋳物工業協同組合の後藤安彦事務局長は「富裕層の実用品として需要を見込んでいる。多くの中国人に見てもらいたい」と意気込む。

 県によると、鍋なども含む南部鉄器の生産量は減少を続け、平成19年には19億6000万円となり、9年の46億8000万円の半分以下に落ち込んだ。

 ただ、欧米では冷えにくい鉄瓶が「紅茶のポット用に」と人気となり、年間輸出額は鉄器全体で約3億5000万円(20年)に達している。

 中国向けはまだ約1400万円(同)程度だが、後藤事務局長は「中国では鉄瓶の生産者がほとんどいなくなっているそうで、日本の鉄瓶を欲しがる人が増えている」と話す。

 注ぎ口に銀を巻いたり、鉄瓶の周囲を削って細い金棒を埋め込むなど、中国人の好みに合わせた商品も開発しているという。

 「秋に現地の中国茶博覧会に参加を予定しており、万博出展を弾みにしたい。今年は中国への売り込みに力を入れる」(後藤氏)。日本の伝統産業も海外市場抜きには語れない時代になっているようだ。

【関連記事】
「ドコモダケ」が伝統工芸とコラボ、人気商品に
【京都MONO語り】五明金箔工芸 高潔さ秘める神々しい光
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 
広島の伝統工芸「熊野筆」 白鳳堂、化粧も映える手作りの技
天明屋尚展 ミヅマアートギャラリー 日本の伝統文化を意識
「中国内陸部の資源事情とは…?」

大阪・西成のビデオ店に強盗、現金約14万円奪う 2月にも同様の被害(産経新聞)
【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)
猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
「変形時間」適用認めず=飲食店に残業代支払い命令−東京地裁(時事通信)
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが(産経新聞)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-12 23:34

地元・大阪の客呼び込め 「フライ」デーは新世界へ(産経新聞)

 ■商店主らタッグ、串カツ限定値引き

 串カツ目当ての観光客らでにぎわう大阪市浪速区の新世界で、週末に地元・大阪の人たちを呼び込もうという集客作戦が盛り上がりをみせている。キャッチフレーズは「金曜日はフライデー」。地元商店の若手の会が揚げ物(フライ)と金曜日をかけて命名、14軒の串カツ店が金曜日限定の値引きサービスを始めた。商店主らは「『仕事帰りの一杯を新世界で』という人が増え、街がもっと盛り上がってくれたら」と期待を寄せている。

 新世界の串カツ店は、ここ10年ほどで急増し、現在は約30店舗が軒を連ねる。人気の老舗や派手な看板を掲げる店などさまざまで、今では通天閣と並ぶ新世界の代名詞となった。

 串カツ人気とともに、観光客も増加。家族連れやカップル、外国人らが昼間から目当ての店を探して歩き回り、人気店には長蛇の列ができている。

 一方で、「観光客に比べて大阪の人たちが少なく、寂しさを感じていた」。新世界の商店の若手らで作る「新世界援隊」の副代表、近藤正孝さん(46)は、最近の新世界についてこう話す。

 近藤さんらは、地元の人たちにも新世界を利用してもらおうと昨年8月、毎週金曜日を「串カツの日」に制定。大阪を中心に活動している女性音楽グループ「OSAKA翔GANGS」を起用したポスターやチラシを作製し、配布するなどの活動を続けてきた。

 さらに、新世界の串カツ店14店舗が今年2月から、通常100〜150円程度の串カツを、毎週金曜日には一律「94円」にする「94(くし)祭」サービスを始めた。↓ 串カツ店「横綱」の徳丸博之店長(25)は「串カツブームでお客さんは多いが、地元の人たちに来てもらわないとにぎわいは長続きしない。サービスを始めてからは、仕事帰りの人たちも増えているので、このまま盛り上がってほしい」と手応えを感じている様子。

 近藤さんは「街全体で大阪の人を呼び込み、キタやミナミのように人が集まる場所になってほしい」と話している。

NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も(時事通信)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」(産経新聞)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
前田日明氏「出るなら比例」(スポーツ報知)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-07 23:48

「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)

【鳩山首相元公設秘書 初公判】(3)

 《鳩山由紀夫首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)に対する弁護人の被告人質問が続く。鳩山首相側が実母から毎月1500万円を受け、その一部を他人名義の献金にしていたことについて、勝場被告は小さな細い声で淡々と答えていく。顔は、ややうつむき気味だ》

 弁護人「平成6年1月、あなたが(鳩山首相の公設)第1秘書になってから一貫して経理を担当したということですか」

 勝場被告「そうです」

 弁護人「たびたび事情聴取を受けましたね。鳩山さんのお母様からお金を受けたことは、言わないでおこうと思えば、言わずにすんだ。いいにくいことなのになぜ包み隠さず話そうと思ったのですか」

 勝場被告「第1秘書としてやってはいけないことをやってしまった反省を、あの、すべてお話ししようと…」

 《語尾はほとんど消え入りそうな小声だ》

 弁護人「声が小さいですが、やってはいけないことをやった反省から正直に話す、捜査に全面的に協力するという、そういうことですか」

 勝場被告「そうです」

 弁護人「理由は何ですか。悪い金を隠すためじゃないなら、『議員から借りた』と言えばいいのに、名前を借りたり、違う金額を書いたりしたのは、なぜですか」

 勝場被告「まあ、ひとつはやっぱり、鳩山さんに将来大きいことができる政治家になってもらいたいと。そういう実力があるように見せたかったのですが、それだけのお金が実際には、集まっていなかった…」

 弁護人「まず、金を集めるのは秘書の仕事だから、それができていない自分の問題だということですか。2つ目には、自分が仕える鳩山さんがお金を集めることをできないということに耐えられなかったということですか」

 勝場被告「そうです」

 弁護人「昨年6月にマスコミの報道があり、6月末に秘書を解任されましたね。退職金はもらったのですか」

 勝場被告「公設秘書としての退職金はもらったのですが、『禁固刑が出れば返納しなければならない』と衆議院から言われ、手をつけずに取ってあります」

 弁護人「金額はいくらですか」

 勝場被告「1500万円です」

 弁護人「検察の取り調べは何回受けましたか」

 勝場被告「だいたい20回です」

 弁護人「時間も長く厳しかったようですが、その間、家で生活する気分はどうでしたか」

 勝場被告「罪を犯した意識がありました。取り調べで自分の供述した内容に個人名が含まれていれば、その人に迷惑をかけるという罪の意識があって不安定な状態でした」

 弁護人「関係者の名前を出すことも精神的に大変だったと?」

 勝場被告「はい」

 《勝場被告はほとんど声にならない声で答える》

 弁護人「家族に対してはどうですか。奥さんに対しては」

 勝場被告「まあ、多くを話しても分かってもらえると限らないから、罪を犯したことは話した。そして、すべて終わるまで協力してほしいと」

 弁護人「それに対して奥さんは」

 勝場被告「ありがたいことに、別れるわけにもいかないから『がんばれ』ということでした」

 弁護人「奥さんも大変でしたね」

 勝場被告「毎日、記者やカメラマンが来てカメラで狙われたりした。近隣にも申し訳ない。家内も娘も外に出られない、出たくないという状態に追い込まれました」

 弁護人「2人の娘さんは20代でたいへんですね」

 勝場被告「1人は通勤で昼間外に出るが、下の娘は病気がよくなったばかりでした。回復してきていましたが、よりシビアな状態になりました」

 弁護人「マスコミのせいにはできませんね。自分で苦しむしか…。本来なら、情状証人として奥さんや勤め先の人に来てもらう。でも、あなたは結論的には呼ばないことにした」

 勝場被告「これだけ女房にストレスをかけきて、さらに多くの人に見られる中に立たせて、ストレスを与えることは私にはできませんでした。その結果、刑罰に影響が出ても…」

 《声を絞り出すように話す勝場被告》

 弁護人「秘書の解任後、仕事はしていますか」

 勝場被告「していません」

 「ひとつは夏に大きい病気をし、治療が終わるとともに取り調べが始まりました。すべてが終了したところで再就職したいと思います」

 弁護人「これからの仕事はどうしますか。また政治にかかわる仕事をしようとは?」

 勝場被告「正直なところ、全くありません。政治にかかわる仕事はしようとは思いません」

 《勝場被告は、こう答えた上で、つけ加えた》

 勝場被告「何人かからは(仕事を)一緒にしようと言われていますので、話を伺ってから決めたいと思います」

 弁護人「秘書の仕事はやりがいがあり、鳩山さんが好きとおっしゃっていましたね。残りたくはないですか」

 勝場被告「まあ、この世界にいなければ犯しようがなかった罪でした。罪を犯して再び戻るべきではないと今は思います」

 弁護人「総理に対してどんな思いを今、持っていますか」

 勝場被告「20年以上にわたって私を心底、信頼して使っていただいて、結果、こうなってしまったことを後悔してもしきれない思いです」

 弁護人「最後に伝えたい思いがあれば」

 勝場被告「収支報告書に無断で名前を使ってしまった方、遺族の方にたいへん申し訳ないことをしました。心からおわびしたい」

 「今回のことで政治家に対する不信感を国民の皆さんに与え、政治離れが起きたとしたら、本当に申し訳ないと思います」

 《弁護人の質問が終わった。次に検察官が被告人質問に立つ》

 検察官「鳩山さんの個人資産やパーティー券の収入を、お母さんからの資金と区別することなく、管理していた。そうですね」

 勝場被告「はい」

 検察官「政治資金規正法上、どのような資金か、きちんと区別しておくべきだったのでは?」

 勝場被告「おっしゃるとおりです」

 検察官「資金の管理を曖昧(あいまい)にして帳尻を合わせた。結局被告の管理がずさんだったのでは」

 勝場被告「そうです」

 《うつむき気味だった勝場被告は、すっかり下を向いてしまった。続いて裁判官が質問を投げかける》

     =(4)に続く

【関連記事】
(2)「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(1)虚偽記載のきっかけは地元新聞記者からの指摘 検察側が明かす 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
鳩山首相元秘書初公判 勝場被告に禁固2年求刑 
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める

舞妓 「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
<写真紛失>白籏氏のフィルム 山梨の財団法人が賠償支払い(毎日新聞)
亀井郵政改革相 郵貯限度額「修正せず」 郵政非正規社員と交流(産経新聞)
六ヶ所村再処理工場で放射性廃棄物管理に違反(読売新聞)
事実関係を確認する=中井氏の週刊誌報道−官房長官(時事通信)
[PR]
by g5rwrla17a | 2010-04-02 21:10


世間ブログ
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧